夏の友!冷んやり甘くて美味しい「アイスクリームの種類」とは。

a53e0b2285318ac2ca950ad1d64cc055_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。

暑い季節がやってきましたね。私はもうクーラーデビューしていますが、皆さんはいかがでしょうか?

夏といえばさまざまなイベントがありますが、私が真っ先に思い浮かぶのは「アイスクリーム」です。

いや、冬でも暖かい部屋で食べてるっちゃ食べてるんですけどね(笑)

そんなアイスクリームは乳成分の含有量によって「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」と種類が分かれているのですが、皆さんはご存知でしたか?

アイスクリームの成分表.gif
(出典:アイスクリーム協会)

上記の表を見ると、細かな基準で分かれている事が分かります。具体的な商品例を挙げてみるとこんな感じになります。

■アイスクリーム
ハーゲンダッツ、パルム、ピノ

■アイスミルク
雪見だいふく、ジャイアントコーン、チョコモナカジャンボ

■ラクトアイス
爽、スーパーカップ、パピコ、クーリッシュ

私がよく食べているスーパーカップはラクトアイス、つまり「アイスクリーム風」な食べ物だったという事が分かります。

逆にイベントごとの時にしか食べないバーゲンダッツはアイスクリームに分類されています。

これは製造コストに大きく影響しています。

普通のアイスクリームを作るには、「牛乳」「卵」「生クリーム」「砂糖」が必要です。

一方でラクトアイスには「植物性油脂(牛乳)」「レシチン(卵)」「ガムシロップ(砂糖)」が使われています。

アイスクリームを作る際の原材料を安いものに置き換えることで、100円程度で美味しく食べられる製品が作られています。植物性油脂はコーヒーフレッシュとしても利用されています。実はあれもミルクではなく油だったんですね。。

この違いを知った上で「アイス」の食べ比べをしてみてもいいかもしれませんね(^^)




スポンサーリンク








当ブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
少しでも役立つ情報であったと思って頂けると幸いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

それでは、またのお越しをお待ちしております。Byリング

お礼.PNG

この記事へのコメント